カソーダはシミ対策の救世主?知って欲しい効果と危険

 

とってもお安く、しかもセルフケアでシミが薄くなる!と話題のカソーダ。

シミに悩む女性にとってこんなに嬉しいことはないですよね。

カソーダはネットで手軽にGETできて、しかも1000円~1500円と安い!

でも、セルフケアだから絶対安全、とはいかないことを知っていますか?

この記事では、シミの救世主であるカソーダの効果と危険についてお話しします。

シミに悩む女性、カソーダに興味のある方は最後までお付き合いください。

Sponsored Link

■カソーダがシミに効果を発揮するワケとは

 

カソーダの成分は「重曹」と「ひまし油」です。

重曹とひまし油を混ぜた、アルカリ性のクリームがカソーダなのです。

え!重曹って、シンクを磨いたり、料理に浸かったりするものじゃないの?

なんでシミに効くの?と不思議に思いますよね。

重曹は、研磨作用がありアルカリ成分なので、

皮膚を柔らかくして溶かし、シミを薄くする効果があるようです。

ひまし油はトウゴマ(唐胡麻)種子から生成される植物油です。

炎症を静めたり痛みを抑える成分が含まれており、

重曹の刺激を和らげる効果があると言われています。

■カソーダの効果を期待するなら塗り過ぎないこと

カソーダのシミ取り効果を期待するなら、絶対に塗り過ぎないでください。

決められた回数以上に塗らない。

シミをはみ出して塗らない。

たくさん塗れば効果がアップするワケではなく、

カソーダの刺激で肌を痛める危険があります。

カソーダはアルカリ性、肌は弱酸性です。

カソーダは肌にとって刺激物ですから、塗り過ぎは危険なのです。

使用説明書をしっかり読んで、塗り過ぎないようにしましょう。




■カソーダが肌の負担になる危険を知っておこう

 

カソーダは、手軽にシミのセルフケアができる優れものです。

その反面、アルカリ性の液体を顔に塗る、という危険なことでもあります。

大切なお顔ですから、いきなりカソーダを塗り込むような危険なことはしないでくださいね。

まずは、お顔以外の目立たない所に少し塗って、しばらく置いてみましょう。

ひどい痒みや痛み、赤みが発生した場合は、

肌に合っていない可能性がありますので、

お顔に塗るのは危険かもしれません。

痒みや痛みがあるのに、無理してお顔のシミに塗ると、

シミに効果があるどころか、濃くなってしまう危険もあるようです。怖いですね。

■まとめ

シミに悩む女性の救世主になりそうな、

カソーダの効果と危険についてお話しました。

安く、手軽にシミの悩みを解決できる

カソーダを正しく使って、効果を実感してください。

↓↓↓↓ 国産のカソーダはこちらから ↓↓↓↓

 

Sponsored Link