カソーダは、美容クリニックのお高いレーザー治療を受けなくても、シミやほくろが取れるということが報告されています。

庶民派の私達には朗報ですよね。でも、

カソーダは何日くらい塗り続けないといけないのか

何日で止めたらいいか

ちょっと分かりにくいんです。

そこで、カソーダについて分かっていることをまとめてみたいと思います。みんなで一緒にキレイになりましょう。

Sponsored Link

■カソーダは何日塗り続けるのが効果的なの?

カソーダを何日塗りなさい、という決まりはありません。

極端に言うと、効果が出るまで。ということになります。

シミの部分に限局的にカソーダを塗るようにして、シミ以外のところにははみ出さないようにします。

出典:http://himashi-juso-kirei.seesaa.net/

その上から、絆創膏などを貼って覆っておくことになりますから、カソーダを塗りたい場所がお顔の場合、かなり目立ってしまうことは覚悟しましょう。

学校、会社、地域のイベントなどに絆創膏を貼った姿で、何日も過ごすのはツラいかもしれませんが、効果が出るまでの辛抱です。

 

■カソーダは何日以上使ってはダメという決まりがあるの?

皮膚科のお医者さんが処方する塗り薬であれば、何日塗ってください、とはっきりした指示があるから分かりやすいです。

でも、カソーダは医薬品ではないため、何日塗ってください、何日以上は塗らないでください、という指示がなく自分が判断する必要があります。

その辺りが不安要素かもしれません。

カソーダを塗り始めて、肌が痛い、赤みが出ている、シミが余計に濃くなってきた、痒みがひどい、といった症状が出ている時は、使用開始何日目であっても、一旦使用をやめて皮膚科にいく事をお勧めします。

何日以上使ってはダメ、というよりは、このような異常を感じたらすぐに使用を中止しましょう。

 

■カソーダの効果は何日くらいで実感できるの?

シミを取りたい場所によって、肌の厚さやシミの濃さは違います。人によっても違います。

腕や足の皮膚は比較的厚く、首や顔の皮膚は薄いのです。特に目の周りの皮膚は薄いと言われています。

カソーダでシミが薄くなった方の体験談から、効果を何日くらいで実感したかは、差があります。平均して20日~30日くらいかかっているようです。

何日で効果がでるか、を気にしすぎるよりも、カソーダを根気強く正しく使って効果が出るのを待つのが良いでしょう。




■まとめ

カソーダを使いたいけど、または使い始めたけど、何日続けたらいいか分からない!という方のお悩み解決できましたか?

何日もかかったとしても、セルフケアでシミが取れたら嬉しいことです。焦らずに頑張っていきましょう。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【楽天最安値挑戦中】カソーダ(ひまし油&重曹) 30g
価格:840円(税込、送料別) (2017/9/19時点)

 

 

カソーダはシミ対策の救世主か、知って欲しい効果と危険

Sponsored Link